忍者ブログ
[230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220]

DATE : 2017/08/21 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

DATE : 2007/03/09 (Fri)
何が、って、レイトン教授と不思議な町のことなんですが。

確かにプレイ時間は短いですが、それでもこのくらいのボリュームで丁度良いかと。そもそも携帯ゲームですから、家でじっくりやるようなゲームとして考えるのではなく、ちょっとした電車での移動時間中にプレイするに10時間強というのはなかなかのもんじゃないかと。

どうやら当初からシリーズものとして企画されていたようで、続編が楽しみであります。


とまぁそんな感じです。
今日は朝倉さんの出番です。

前回はこちら
【週刊朝倉涼子】

 そのままマンションへ戻ろうかとも思ったけれど、足が向いたのは公園の近くにある喫茶店だった。自宅へ戻ってもどうせ一人だし、何かやることがあるわけでもない。暇な時間をただ諾々と過ごすのは、何故かそのときは嫌だった。
 かといって、周囲にいる誰かがわたしのことを知っているわけでもない。だから、誰かと話しができるわけでもなく、それでも静まりかえった部屋に一人でいるよりは、雑踏の中に紛れ込んでいる事の方がマシに思えたの。
 喫茶店のカウンター席に腰を下ろして、そういえば本を捨ててきたんだった、と思い至る。あのときはそのまま帰るつもりだったけど、こうやって喫茶店でひとときを過ごすなら、時間を潰す役には立ったのにな。捨てなければよかった。ちょっと早計だったかも。
 しょうがないから、運ばれてきたコーヒーを飲みつつ周囲の会話に耳を傾けて時間を潰しましょう。今、店内には六十八名の客が十三組のグループに分かれている。だからって、その情報にたいした理由なんてないんだけど。
 その六十八名の会話を個別に収集して、グループごとの会話内容を再構築するだけ。もっとも、こんなことしたって何の意味もないわよ。有益な情報が転がってるわけもないしね。
「盗み聞きですか、あまり褒められた趣味とは言えませんね」
「わっ!」
 びっ、ビックリした。ホント、いったいいつの間にわたしの横に座っていたのか、さっぱり気づかなかったわ。
「何もそんなに驚くことはないじゃないですか」
 わたしの驚き方がちょっと不満だったのか、喜緑さんは少し不満顔を浮かべてわたしを見るけれど……でもね、気配も音もなく人の真横に現れる方が悪いと思うんだけどな。
「ちゃんと声はかけましたよ? 朝倉さん、ちっとも気づいてくれないんですもの」
「あら、そう? ごめんね」
 ホントかどうかわからない喜緑さんの言葉には、適当な返事をしておくのが一番。やっぱり、素直にマンションへ戻っておくんだった。さっきは古泉くんで、今度は喜緑さんなんてね。今日はいろいろな出会いがあるわ。
「もしかして、一人でここに?」
 ダージリンティを頼んだ喜緑さんに、わたしはそんなことを聞いてみた。しっかりとわたしの横に腰を落ち着けたってことは……喜緑さんも一人なのね。わたしとは違うのに、休日に一人なんてね。
「違いますよ。いえ、一人なのはそうですけれど、ただあなたがここにいるから、やってきただけです」
「あら、わたしに話があるってこと?」
「ここ、涼宮さんたちの集合場所にもなっている喫茶店ですよ。鉢合わせでもしたら、困ったことになるじゃないですか」
「そうなの? でも、そんなときは長門さんも一緒でしょ。心配することなんてないじゃない」
「万が一、ということもありますから」
 あの長門さんに限って、万が一も億が一もなさそうだけどな。
「そんな石橋を叩いて渡るような慎重な性格だったかしら、あなたって」
「不確定要素はクリアにしておきたい、とは思いますけれど。でも、今日はちょっとしたお礼も兼ねてですよ」
「お礼?」
「先頃の」
「ああ」
 珍しく喜緑さんが失敗した話のことね。長門さんどころか、わたしにまでフォローに回らなくちゃならなくて、ちょっと面倒だったけど……でも、いい暇つぶしにはなったかな。だから、お礼なんて気にしなくていいのに。
 むしろ喜緑さんにお礼を言われるなんて、そっちのほうがちょっと……ねぇ?
「だから捜していたんですよ。でもまさか、ここにいらっしゃるとは思いませんでした」
「すっかり忘れてたのよ」
「……本当に?」
「何が?」
「いえいえ、別に」
 そんな風に言って、喜緑さんは相も変わらずの笑顔を浮かべている。それがちょっと、さっき会った古泉くんみたいで、ちょっと嫌な感じ。
「言いたいことがあれば、言えばいいのに」
「お礼をしに来ただけですから。迂闊なことを言って、気分を害されては困りますもの」
「つまり、わたしが不愉快に思うようなことを考えてるってことね」
「あらあら……図星です」
 さらりとそんなこと言って……笑顔を取り繕えば万事おっけーとか思ってるのかしら。
「らしくない、と思っただけですよ」
「わたしが?」
「待っているんでしょう」
「何を?」
「わかってらっしゃるくせに」
 わからないから聞いてるんだけどな。ま、喜緑さんとこんな禅問答っぽい言い合いなんて、するような気分じゃないことは確かね。もう、そんな話はおしまい。
「お礼なら、ここの会計は任せるね。それじゃ、またね」
「もうお帰りになるんですか?」
 席を立ったわたしを、喜緑さんが呼び止めてきた。まさか奢るのは嫌だ、って言うんじゃないよね? だって、お礼しに来たんでしょう?
「もちろん、ここのお支払いはわたしが持ちますよ。でも朝倉さん、これからどちらに?」
「帰るわ。もうどこにも寄り道しないから」
「休日なのに、もう帰られるんですか」
 いいじゃない、別に。休日の過ごし方なんて、人それぞれでしょ。
「それなら、ちょっとお出かけしませんか?」
「……誰が?」
「わたしが今、話かけているのはあなたなんですけれど」
「……誰と?」
「わたし以外に誰がいるんですか」
えぇ~……喜緑さんと二人で出かけるの? それはちょっと……なんて言うか、うーん、言語で表現するのには難しい気持ちになるわね。
「いいじゃないですか。退屈なんでしょう? 楽しいですよ」
 にっこり微笑み喜緑さんを見て、わたしは無意識に「ああ、拒否権なんてないんだな」って思っちゃった。事実その通りなんでしょうけど。
 だからせめて、この程度のことくらいはハッキリさせておこうかな。
「もちろん、全部あなたの奢りなんでしょう?」

PR

拍手する
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: クロトシ
前回へのリンクが切れてますよ~。
それにしても朝倉さんの無意識な行動もエラーの類ですか?
URL 2007/03/09(Fri)19:50:48 編集
>前回へのリンクが切れてますよ~。
ハッ∑(゚Д゚〃) 今の今まで気づかなかった! ご指摘、ありがとうございます(;´Д`)

朝倉さんの行動は、うーん、確かにエラーの類かもしれないですねw
【2007/03/10 01:25】
★無題
NAME: ron
そうしているうちに喜緑さんの策略が発動するわけですね
2007/03/09(Fri)23:58:08 編集
今回は喜緑さんの策略とは、ちと違うのですw
【2007/03/10 01:26】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カウンター
メールアドレス
管理人に連絡する場合には、下記のアドレスからお願いします。
仕事依頼等も受け付けております。折り返し、本アドレスより返信いたします。
ブログ内検索
twitter
最新CM
[05/02 nothing_glass]
[08/03 前のHM忘れた]
[08/21 nao.]
[07/29 nao.]
[07/16 nao.]