忍者ブログ
[350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340]

DATE : 2019/09/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

DATE : 2007/07/03 (Tue)
さすがにいろいろアレだったので、「追憶」の校正をしておりました。
あれやこれやいじっていたら、八章を削ることに。と言っても、シーンをどこか削ったとか、追加したとか、そういうことではありませんのでご安心を。

それに合わせてPDF版も改訂しております。第二版ってとこでしょうか。前回のを残している方は、見比べてみることなく可及的速やかに初版を破棄することをおすすめしますw

というわけで、本日はSSの追加はありません。明日からは……うーん、余力があればなんとか! なんとか!


おまけ


 わたしがその人たちに出会ったのは、本当に偶然でした。お母さんに頼まれたお使いの帰り道で、たまたま出会ったんです。でも──。
「あなたがミヨキチちゃん? ふーむ、そうなのですね。わかりました、あとはあたしと佐々木さんを信じていれば、必ず幸せになれるのです」
 その怪しげな壷を売りつけるような言い回しはやめてください、橘さん。
「どうして僕が過去の現地民と群れ合わなければならないんだ。ふん、やってられるか」
 えーっと、藤原さん。小魚をたくさん食べて、牛乳もいっぱい飲んでみたらどうでしょう?
「────────────」
 周防さんについてはノーコメントでいいですよね?
「とまぁ……つまるところ、みんな暇を持てあましているというわけさ。いや、僕だって口を酸っぱく、何度もやめた方がいいと言ったよ? 焦らずじっくりと説得し続けたさ。それこそ偏差値が20は足りない受験生に無謀な受験はやめろと説得する生徒指導の教師みたいにね。それでも通じないのだから、残されるのは中にとどまって暴走を止めるのが最善だと思わないかい?」
 佐々木さん……それは単なる責任逃れじゃないですか……。止めたりしませんし、別にそれでいいですよ、どうでも。ただそこに、わたしを巻き込まないでください。

 本当にわたし、どうすればいいんですか?


 吉村美代子の憂鬱、第一話。次回からスタート。










しません。
PR

拍手する
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: クロトシ
じゃあ遠慮なく見比べさせていただきますね(ぉ
PDF版、ページ数のレイアウトも修正されてますね

過去のオムニバスが「おまけ」から始まってるということは…?
2007/07/03(Tue)06:43:25 編集
らめぇぇぇ! 見比べちゃらめなのぉぉぉっ!
とうか、UPしたときは時間切れで急いでUPしちゃったもんですから、今回の修正版がある意味正しい感じです。

>過去のオムニバスが「おまけ」から始まってるということは…?
アッー!!
【2007/07/04 03:25】
★無題
NAME: HILO
ミヨちゃんのツッコミが逐一的確すぎる(大笑)
URL 2007/07/03(Tue)09:14:12 編集
ミヨキチさんは絶対こんな子じゃないと思うんです。ううん、わからないけどきっとそう。
【2007/07/04 03:13】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カウンター
メールアドレス
管理人に連絡する場合には、下記のアドレスからお願いします。
仕事依頼等も受け付けております。折り返し、本アドレスより返信いたします。
ブログ内検索
twitter
最新CM
[05/02 nothing_glass]
[08/03 前のHM忘れた]
[08/21 nao.]
[07/29 nao.]
[07/16 nao.]