忍者ブログ
[135] [134] [133] [116] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126]

DATE : 2017/06/27 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

DATE : 2006/12/07 (Thu)
いやはや、なんとか形になりました。やっぱり長さ的に前・後篇に分けるまでもない長さでしたが、こんな形でご勘弁を。

サプライズ・ウエディング:後篇

裏タイトルは「鶴屋さん暗躍篇」とでも。

ちょっとハルヒさんをきゃぴきゃぴさせすぎたかもしれません。個人的には冷静沈着大胆不敵って感じで、やることやってるときは嬉々として、窮地に陥っても平然としてるってイメージがあるもので。
また、結果的に古泉くんが一言二言しか喋ってませんが、キョンの懐柔でいろいろ暗躍してたりします。ハルヒさん視点なものでその辺りのことは書けなかったってのは誤算でした。

ところで、これで「甘くてデレなハルヒがキョンで決まり!」ってな感じの話になってるんでしょうか? ツンデレって、話を書くときにどう表現すべきか迷うんですよねぇ〜……。
PR

拍手する
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: ron
どうもです。
ハルヒがやりこめられるってなかなかないのですごく新鮮で面白かったです!!
長門とのからみも最高でしたね。
これからもきたいしておりまする。
2006/12/08(Fri)00:20:08 編集
ハルヒさんのデレを引き出す手段として、こんな感じになりましたw やりこめることができるとしたら、鶴屋さんしかいないというわけでの出演だったりします。

長門さんとハルヒの絡みは、方々で好評でちょっとビックリですわ。
【2007/02/16 03:30】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カウンター
メールアドレス
管理人に連絡する場合には、下記のアドレスからお願いします。
仕事依頼等も受け付けております。折り返し、本アドレスより返信いたします。
ブログ内検索
twitter
最新CM
[05/02 nothing_glass]
[08/03 前のHM忘れた]
[08/21 nao.]
[07/29 nao.]
[07/16 nao.]