忍者ブログ
[130] [129] [128] [127] [126] [115] [125] [124] [123] [122] [121]

DATE : 2017/05/26 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


拍手する

DATE : 2006/12/02 (Sat)
これにてひとまずTFEI三人娘シリーズは完結となります。

喜緑江美里の羨望 終章
※公開終了しました。

かなり後付的なオチに思えるかもですが、最初から考えていた〆であります。そこはひとえに、書き込み方が足りなかったってのと、話の流れをちょこっと失敗したってのが最大の理由。実は決定的な間違いがあるんですが、それはナイショということで。うはーん(;´Д`)

後日まとめるときに、もうちょっと分かりやすく絡めるかもしれませんが、ひとまずこれで。
PR

拍手する
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★見事な三部作
NAME: ron
どうもです。
喜緑江美里の羨望。読ませていただきました。
彼女も徐々に目覚めている自我に気づいているのでしょうかね。
そして、散々退屈だと言っている長門。よほど今の日々が楽しくて仕方ないのだと思います。
そして、あの人は・・

三部作、それぞれに特徴があってとてもおもしろかったです。流れもよく、文章も本当に読みやすいです。

これからの作品に期待しつつ、この辺で、では
2006/12/02(Sat)00:24:47 編集
や、いつもコメントありがとうございます。

こういう一人称で話が進む物語っていうのは、あくまでもストーリーテラーの認識のみで進みますから、他の登場人物の本心がわからない、というのがミソですね。

喜緑さんも散々「人の感情がわからない」云々言ってますが、もしかすると全部わかっていてやってたり、長門さんも「退屈」と言うのは建前で休暇なんていらないから早くキョンに会いたくて戻ってきた……と思うと、この話も別の見方ができるかもしれませんね。

そしてあの人は……それは『面影』の方でお楽しみ下さいw
【2007/02/16 03:32】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カウンター
メールアドレス
管理人に連絡する場合には、下記のアドレスからお願いします。
仕事依頼等も受け付けております。折り返し、本アドレスより返信いたします。
ブログ内検索
twitter
最新CM
[05/02 nothing_glass]
[08/03 前のHM忘れた]
[08/21 nao.]
[07/29 nao.]
[07/16 nao.]